トップページ > コーチングコラム >

不善なる者もわれまたこれを善とせん(老子四十九章)

「いい人」「悪い人」はいるけれど、

しかしいつも必ずそうだとは限らない。


と、何か矛盾したことを言ってると思われるかもしれませんが、

どういうことかというと、


との中には「いい人」といわれる者と、「わるい人」といわれる者もいますが、

私がいい人は「いい人」と認めます。

しかし、「悪い人」もいい人だと信じたいのです。


この世の中の「是非善悪」「正しい、間違い」というものが、決して絶対のもの

ではないですし、「いい」とか「悪い」と考えるのは、川の流れのように、時代の

移り変わりとともい変わってしまうこともあるということです。


また、国や思想の違いで、この判断は変わってしまいます。

爆弾を装備して市民を巻き込むテロリスト達も、祖国では英雄扱いされる。


だ〜今我々が思っている「いい」「悪い」も、その基準や思想によっては

もしかして違うのかもしれません。


ならば、その考えを持たないようにすればいいのではないんでしょうか!?

人間、「間違っている人はいない。」 みんなそれぞれの見地から正しいのだと。


そすうることで、自分にも人にもやさしくなれるのではないでしょうか?

コーチングコラム一覧へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.coach1to1.jp/mt/mt-tb.cgi/128

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

 

30分無料お試しコーチング

新着コメント

もうひとつの名前について
どうみょう さんより
その夢って叶うのぉ〜?
松川 祐二郎 さんより
横田@coach1to1 さんより

電話番号:06-4801-4477

▲このページのトップへ