トップページ > コーチングコラム >

もうひとつの名前について

インターネットや人からの紹介など、わたし横田のことを「道明さん」と呼ばれているのをお聞きなることがあると思いますが、本名は幹雄(みきお)横田幹雄(よこたみきお)です。

何故そのような名前で呼ばれるようになったかと申しますと、

この道明という名前は、2006年秋頃から名乗り始めるようになった名前です。

せっかくなので、この名前を由来や意味のお話をさせていただきます。

まずこの名前の由来ですが、私は漢文で有名な、かの老子に大きな影響を受けとても感動しました。

老子曰く
「道とは、人間が歩んでいくべき理想的な生き方」の事を指しているそうです。

その理想的な生き方というのが「人間が社会の一員として、又指導者として、「仁」や「義」や「礼」などの基本的なものへの自覚と、更なる人格の錬磨」が必要不可欠であるといっています。

まさに、世の中を道徳をもって生きるということが「道」ということなのかもしれません。


そして老子曰く、「自ら知る者は明なり」といっています。

これは、人間誰しも弱いものであり、「己の心のうちこそ問題だ」といっているもので、いくら巨万の富を持っていたとしても、何も知らずむやみに求め続けるなら、そのものは貧しいという。
たとえ他人に勝ったところで、それがその人の強さの証明をするのではなく、真に強いという人は己を知り、自身に勝つことだ」と老子は言っています。

わたしは、この「道」と「明」二つの言葉から、これからの自分の志としようと決め、これからの名前にしようと決めたのです。

これまで私が社会に出てから二十余年、ざまな仕事と様ざまな経験・体験をしてきましたが、いまは豊かな心を養い人と共に生きるための人間力をアップさせる人間力向上プロモーターの仕事を生涯の天職と感じているのです。

したがって、

この老子の言う「人としての歩むべき【道】」と

「他人に勝つのではなく自分に勝つ【明】」の

言葉の意味の深さを大切にし、そのように生きていくことといたしました。

また、私自身が現在の天職を通して、『出会う方々の人生という道に、明るく光を照らす存在でありたい』と願い、日々そのような姿勢で様ざまな方々と関わらせていただきたいと思っております。

コーチングコラム一覧へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.coach1to1.jp/mt/mt-tb.cgi/129

コメント

おくちゃん!

コメントありがとう!

そんなに感慨深く言ってもらえると、これまた嬉しいですねぇ〜。

でもね、この道明(どうみょう)はおくちゃんにもつけてもらえる名前だし

私とおんなじこのような志で行くなら、奥村どうみょうでも、全然OKですよ!

息子といわず、あなた自身で名乗られてはいかがでしょうか!?

投稿者:どうみょう | 2008年04月02日 17:51

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

 

30分無料お試しコーチング

新着コメント

もうひとつの名前について
どうみょう さんより
その夢って叶うのぉ〜?
松川 祐二郎 さんより
横田@coach1to1 さんより

電話番号:06-4801-4477

▲このページのトップへ