トップページ > セミナー情報 > 

パパとママの
子育てコーチング教室

子供さんが自分で考えると、自然と自発的な行動を起こす。

教育現場では、先生からの指示・命令が多く、生徒は受身になりがちです。
したがって、子供達はいつも答えを受け取った状態です。
現在の日本の教育システムは、小学生の低学年から学び始める算数問題は
5+5=10という数式で学びます。
しかし、欧米では○+○=10という形の計算問題をさせるそうです。

さて、あなたはこの二つの計算式を見てどう思われました?
あなたはどんな答えを出されましたか? 何か感じられましたか?

日本の教育でのやり方は、答えは1つですね。   

欧米式ではどうでしょう?   いくつあるでしょうか?
小数点など基準をつくると、答えは無限にあるのかもしれませんね。

この例でお分かりいただけたかと思いますが、日本流の教育システムでは、子供たちに『考える』ということをあまりさせません。
そして、親や先生からは指示・命令が多く、子供たちはそれが習慣となって、『答え』は「必ずあって、しかも1つしかない」と思うようになってしまうのです。

まさに子供たちにとって、型や枠にはまった教育になっていると思いませんか!?
また、『考えさせる』という、その子の成長のチャンスを奪っていませんか!?
このような状態で、子供たちはどう育っていくと思いますか?

もしかすると、これがいまの日本が抱える教育の問題なのではないでしょうか?

そこで私達は、子供さんたちの柔軟な発想と、自主的な行動を引き出すことができればと思い、ご家庭でパパとママがコーチングのスキルを使って、子供さんの強みや能力を引き出してあげるコミュニケーションスキルを身につけていただく教室を開催することにいたしました。

コーチング教室で学んだコーチングスキルを、お家に帰ってパパとママがすぐに実践! 
子供たちが話していることや言いたいことを、パパとママがきちんと「目的をもって聞く」ことで、家庭内での家族のコミュニケーションが円滑になり、彼らの行動は必ず変わってきます。
この教室は、知識として学んでいただくのではなく、実際にロールプレイをしながら体験で学んでいただきますので、家に帰ってすぐに取り組めるような実践型のセミナーです。

たとえば、会話の中での質問を、オープン・クエスチョンとクローズド・クエスチョンというコーチングスキルを使い分けることで、「ここでは彼らの発想を引き出そう」とか、「ここでは子供の意思を確認しよう」などと、パパとママが子供さんに対して目的をもって聞くようになります。
また、彼らのアイディアを聞いたあとに、「そのためにあなたは何をするの?」「いつまでにするの?」「それをすると、どんないいことがあるの?」など質問することで、パパやママが「ああしなさい!こうなさい!」と指示をしなくても、子供たちは自分で考え、そして自発的に行動するようになってくるのです。

小学校のクラス行事に参加した時など、こんな風景を見かけます。
ホームルームの時間、子供たちが話し合う場でも人の話を聞いていなかったり、ガヤガヤ騒いでいたりする生徒に「静かにしなさい」と言っている先生を見かけることがあります。でも子供たちはなかなか静かにならなかったりします。先生が指示・命令しても子供たちはすぐには行動を変えません。
先日、父兄参観でこんな話をされている先生を見かけました。
そのクラスも他のクラスと同様、聞いてない子がいたり騒がしいクラスでしたが、担任の先生が子供達にこんな風に話しかけられました。
「クラスの話し合いの場で、聞いていない子がいます。皆に聞いておきたいだけれど、これで本当に、みんなで決めたことになるのかな?」と。
すると、すぐに静かになりました。

その時私が感じたことは、先生が見たままの光景を子供たちに客観的に伝えたことで、子供たちは彼ら自身で何かを気づき、そして静かになったということです。

先述の指示・命令型の先生のように、「ああしなさい!」「こうしなさい!」と押し付けるのではなく、この例のように、子供たち自身が彼らの考えに基づいて納得したことは、自発的に動けるようになると言うことなのです。
これが本来の子供たちを育てるコミュニケーションのとり方なのではないでしょうか?
まさに、教育の現場にはコーチング的アプローチのコミュニケーションのスタイルが必要とされていると思います。

その教育とは学校だけがするのではなく、普段に接するパパ・ママ、家族の皆で取り組むのもなのではにでしょうか?

教育とは学校が教えるものではなく、家族の絆によって育まれ、コミュニケーションによって育てあげ、子供さんを無条件で認めてるものなのではないでしょうか・・・。

「コーチングの興味がある」「親子のコミュニケーションをスムーズにしたい」
「子供の個性を伸ばしたい」「この子の可能性を引き出したい」と思われるお父さん・お母さん。
一度『パパとママの子育てコーチング教室』をあなたの街で開催してみませんか?

公演費用についてはご相談下さい。

日時・場所・参加費用など一緒になって創っていきたいと思っております。

(この費用については、社会貢献と育児教育のため、特別安価な金額で考えています)


 

新着コメント

その夢って叶うのぉ〜?
横田@coach1to1 さんより
アミーゴ さんより
ひらめちゃん さんより

▲このページのトップへ